ふきのとう文庫
ふきのとう文庫のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
 
活動報告の詳細
大好評だった「木育ひろば」
2017.12.05
今年で4回目となる「木育ひろば」が11月26日〜29日までの4日間開催されました。延べ400人弱の方々が遊びに来てくれました。今年は43年目を迎えたふきのとう文庫で「木育ひろば」とチラシにも書いていただき「ろまん亭」による緑の募金で開催され、主催は「北海道森と緑の会」です。北海道石狩振興局の協力のもと初日は「木育マイスター」に教えてもらいながら、木を使った体験教室も大人気でした。「マイ箸づくり」はカンナで木を削りヤスリで仕上げます。子ども達は、初めてカンナを手にしながら悪戦苦闘。その他「しおり」「万年こよみ」「ぶんぶんこま」全て木を使ったおもちゃを手作りしました。2日目・3日目は「ふきのとうプレゼンツ」が行われ、エプロンシアター新作「大きなかぶ」や大型絵本の読み聞かせなどがあり、普段は手にできない「布の遊具」もたくさんあり、子どもたちは夢中になり遊んでいました。最後の日は「赤ちゃん木育ひろば」が行われ木育のお話と、カスタネットづくりを親子で楽しみました。1年に一度の4日間は、ふきのとう文庫が木の香りでいっぱいになります。木の温かさに触れ、布の温もりを感じ、親子で楽しいひとときを過ごすことができました。

池には、さかなやどうぶつたちの木型がたくさんいるよ。先着でプレゼントがあたります!
カンナははじめで使います。
木育マイスターさんが丁寧に教えてくれます。
道南杉積み木「スギックモック」。子どもの想像力はすごいです!なにができるかな。
大きなかぶがぬけましたー。
今日は散らかし放題です。思いっきりあそびました。
二人で何をつくっているのかな?
力作です。
次の記事を見る
ふきのとう文庫のトップに戻る