ふきのとう文庫
ふきのとう文庫のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
 
活動報告の詳細
「きがるに おんがくかい」 アンサンブル・フラテによる演奏会
2018.06.25
今年で3回目になる「アンサンブル・フラテ」による演奏会が行われました。「アンサンブル・フラテ」は北大医学生を中心とする室内アンサンブルです。主に北海道大学病院や天使病院で入院患者さん向けのボランティア演奏会を行っている医学科公認の学生団体です。日々病気と闘う患者の皆様を音楽の力を通して慰め、励まし、元気づけたいとの思いで活動を行っている学生の方々です。今日の演奏会は60名の皆さんが来てくれました。最初にバイオリンとピアノの「エンターティナー」から始まりました。子ども達の良く知っている楽器です。次に楽器からは変な音がします。お姉さんが「壊しちゃった」と困っています。この楽器はなんでしょう?続いての曲は「クラリネットこわしちゃった」です。局に合わせて歌声が聞こえています。次はピアノで子犬が走りまわっている様子の「子犬のワルツ」です。今年初お目見えのホルンの登場。みんなの知っている「きらきらぼし」です。迫力のある音です。手遊びうたも行われ「大きな栗のきの下で」では、全員で大きな声で歌いながら、体を使って表現しています。のってきたところで「かえるのうた」の大合唱です。3色の色分けで輪唱もしました。今年も会いたかった動物の音楽隊もやってきて「山の音楽家」をみんなで歌いました。大人も子どもも一緒に、クラシック音楽に触れることができるイベントです。来年も来てくれると約束してくれました。

ヴィオリン・ヴィオラ・チェロ念入りにリハーサルです
本番はさすがです
どんな音がでるのかな?
仲間が変わりました。
ホルンに興味津々です。
どうしても音を出したいようです…。
吹いてみましたよ。♪ボー♪でました!!
体より大きいチェロに挑戦!
次の記事を見る
ふきのとう文庫のトップに戻る