ふきのとう文庫
ふきのとう文庫のトップ >> 写真館 >> 写真館の一覧
 
写真館の詳細
最近の様子(平成22年度)
2010.04.27
写真数 [ 248点 ]
こども図書館1
こども図書館2
こども図書館3
展示室には常時80点以上の布の本を展示しています。
作業室1
ふきのとう文庫2階に専用の作業室があります。
読み聞かせ
布の本や遊具は貸出しできます。
作業室2
フェルトなどの材料が全て揃っています。
バリアフリー本コーナー
作業室3
遊具や大きなタペストリーも展示しています。
永遠のベストセラーコーナー
作業室4
展示室はプレールームにもなっています。
ボランティアさんは6グループで約60人が月2回程度、曜日ごとに集まり活動しています。
子ども月刊誌コーナー
拡大写本
子どもたちに大人気のプレールームです。
タペストリーを製作中です。
大型絵本コーナー
拡大写本
ライオンズクラブ寄贈拡大本(平成20年度)
遊具などすべて手作りです。
ボランティアさんで話し合いながら作業は進んでいきます。
季節を告げる本コーナー
拡大漢字本
漢字本(小学1〜3年生は筆順付)
拡大写本コーナー
書庫
ふきのとう号のたび?1
295?×57?の作品です。
右下が原本です。
1冊の本を拡大写本にすると4冊になります。
新しく入った本コーナー
ふきのとう号のたび ?2
ライオンズクラブ寄贈拡大本(平成21年度)
紙芝居コーナー
ふきのとう号のたび ?3
赤レンガライオンズクラブ寄贈拡大本
  (22年度分)
販売品コーナー
フェルトで作った絵が12か月それぞれあります。
タペストリー
「夏祭り」大きな作品です。
館内でのみ販売
くだものセット
1000円
館内でのみ販売
やさいセット
1000円
館内でのみ販売
グローブ
1600円
館内でのみ販売
サイコロ
600円
4月12日?1
共同募金運動功績者表彰式
しかく
遊びながら四角形を認識、同時にスナップ、マジックテープ、ひも遊びなどで、手や指先の機能訓練にも役立ちます。小さなサイコロ、大きなバス、テレビやふとん、まくらなど、四角形は私たちの身近にいっぱいあふれています。これもあれもと、お子さんの認識がどんどん広がるでしょう。
 製作セット・完成本はありません。
「春を呼べ!ふきのとう」   15周年記念誌
子ども図書館は赤ちゃんから大人まで本を借りにきます。
どうぶつとなかよし
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
4月24日?1
公益財団法人になり第1回目の理事・評議員会が行われました。
5月8日
布の本を製作途中の方がわからない所を教えてほしいと文庫を訪れました。お孫さんに布の本をプレゼントしたいので早く完成したいとのことでした。
4月2日?1
NHK札幌放送局のディレクタ―の方が取材に訪れました。8日のネットワークほっかいどうで生中継が行われます。
拡大作業室1
布の本作業室1
図書館1
ひよこひよこ
子どもたちは、かくれんぼやいないいないばあ遊びが大好き。お母さん鳥がヒヨコたちをさがしていくお話です。最後に3羽のヒヨコたちが見つかり、お母さんの大きな羽根でやさしく包み込まれる、心あたたまるお話です。
 
 
「根を張れ!ふきのとう」    25周年記念誌
床はじゅうたんがひかれているので、寝転がって遊んだり本を読むことができます。
おいしいね!
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
?2
高倉理事長(左)と浪花副理事長
?2
4月で浪花前副理事長(写真右)が退任されるので、感謝状が送られました。
5月13日?1
札幌国際大学の先生と3名の学生が訪れました。浪花顧問から文庫の説明を受け、館内を見学し「布の本」「拡大写本」に触れ真剣に見入っていました。
?2
拡大写本や布の本についての説明を詳しく聞いていました。
拡大作業室2
作業室2
図書館2
ちえあそび
子どもたちの好きな遊びをとおして、日常の生活体験を広げていく楽しい絵本です。リンゴの「はめ絵パズル」は、同じように見える4つの四角形。簡単そうらでけっこう難しいものです。お子さんと「ちえ遊び」ができる絵本です。
 

「ひろがれ!ふきのとう」    30周年記念誌
庭には、白いイスとテーブルが置いてあるので、本を外でも読むことができます。
おはな
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
4月20日?1
富良野市図書館から司書の本間様(写真右)がお出でになり、布の本の製作について学んでいきました。
?3
公益財団法人の理事・評議員の皆様です。
?2
みかん・りんごなど本物と同じ様に皮がむけるので、とても驚いていました。
?3
拡大写本を手に取り見入っていました。
作業の様子1
図書館3
ハイキング
これからハイキングを経験するお子さんや戸外に出ることが難しいお子さんに、準備から出発、目的地までを楽しめるように製作しました。大好きなおにぎり、果物もちゃんと用意しています。
製作セット・完成本はありません。
札幌市西区の広報誌の取材が行われました。
おやつはなあに?
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
?2
遊具などを購入してくださいました。
5月22日?1
第1回うたう会が行われました。
茶摘みの歌や手遊び歌で盛り上がっていました。
?3
拡大写本の作り方の説明を受けています。
4月8日?1
いよいよ生中継がはじまります。2時間前から準備が行われました。
作業の様子2
図書館4
ななつのこ
カ〜ラスなぜ鳴くのでおなじみの懐かしい童謡です。時代が変わっても親と子の愛情はかけがえのない宝物。思わずマスコットにしたくなるような子カラスはお子さんの夢をふくらませてくれるでしょう。

 
西区広報誌9月号に掲載予定です。
のりたいな
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
4月25日
理事・評議員会が行われました。
(欠席3名)
?2
カエルの運動会をしました。先生から折り紙のカエルをプレゼントされそのカエルで競争します。ちょっと元気が無いので「カエルのうた」を合唱して元気をつけました。
?4
布の本作業室も見学し、材料の多さや初めて見る道具などに触れていました。
?2
布の本リーダーの出村さんがインタビューを受けました。約4分間の中継です。
作業の様子3
うたのえほん
誰もが一度は口ずさんだ想い出の童謡。たくさんある「歌の絵本」からなじみ深い場面をピックアップして、1冊の本にしました。あたたかな布の絵本は、お子さまの情操とやさしい心を育ててくれます。お母さんと一緒に歌って楽しんでください。
 製作セット・完成本はありません。
取材では、副理事長が対応しました。
うみのともだち
全8ページ
絵本サイズ16?×15?
製作セット 1600円
完成本   3600円
テキストなし
8月31日?1
札幌市立平和小学校の2年生4名が地域たんけんの学習で見学に訪れました。
?3
カエルの赤ちゃんはなあに?
先生がおたまじゃくしを見せてくれました。
前の記事を見る次の記事を見る
ふきのとう文庫のトップに戻る